初めてのAmazon Alexaアプリ作成のメモ

下記の記事を基にAlexaアプリを初めて作ってみた。

記事の通り自分のTwitterのツイートを読み上げるアプリ。ただし実機でのテストのために一旦デプロイしなければいけなかったり、調べたことを備忘としてメモしておく。

開発環境に関して

今回はpaizaが提供する「paiza cloud」を使用した。この環境を使用すればRubyで記述することができるが、そもそも一番シンプルな方法はAWS Lambdaにプログラムを実行してもらうこと。(Lambdaがサポートしている言語に慣れる必要がある。)
ただし、実行環境は「paiza cloud」のようにLambdaサポート外の言語でも可能。
※下記のページのようにRubyでも可能。

開発に関して

スキルの開発方法は上記paizaの記事通りに行った。
ただ、開発したスキルはデプロイしないと実機で試すことが出来ない。
amazonの開発者コンソールにて、「公開情報」「プライバシーとコンプライアンス」も入力すると、スキルがデプロイされ管理画面左の「Skills Beta Testing」を使用することが出来る。

「Skills Beta Testing」では自分のメールアドレスをテスターとして登録し招待メールを送付する。
このメールはスマートフォン(自分の場合はiPhone)で受け取って、Alexaアプリを起動するようにする。
Alexaアプリに遷移すると「devJP」ラベルのついたスキルを登録し実機で試すことができる。

今後

次はLambdaで開発してみようと思う。
LINEへの自動転送ができればいいかなあ。

その他の参考

Alexaスキル開発トレーニング

Amazon Echo (Alexa) のSkillの開発に必要な基本概念を押さえる

開発中のAlexaスキルを実機テストする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください