phpizeコマンドでモジュールを追加する

備忘。
phpizeコマンドを使用することでミドルウェア環境を再構築する(=コンパイルし直す)必要がなくなる。

今回はopensslモジュールを追加した手順を記載。

(ざっくりとした)操作手順

通常のコンパイル手順と同様、phpizeコマンドも下記の手順で使用する。

  • 追加モジュールのソースコードが保存されている箇所に移動する
  • phpize実行(configureファイルが生成される)
  • configureコマンド実行
  • makeコマンド実行
  • make installコマンド実行

実施手順

大体上記のざっくり手順で問題ないが、opensslモジュールをコンパイルするにあたり別途configファイルの作成が必要だったため、手順の中に追記。

# cd /usr/local/src/php-5.4.16/ext/openssl/
# ls config*
config0.m4  config.w32
# cp -rp config0.m4 config.m4       // config.m4を生成しないとエラーになる。
# phpize
Configuring for:
PHP Api Version:         20100412
Zend Module Api No:      20100525
Zend Extension Api No:   220100525
# ./configure
# make
# make test
# make install
Installing shared extensions:     /usr/local/php/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20100525/

インストールされたフォルダ内を確認すると、opensslを使用するためのsoファイルが生成されていることを確認できる。

# ls /usr/local/php/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20100525/
imagick.so  openssl.so  pdo_mysql.so

追加モジュールをインストールしたらモジュールを有効化するために設定ファイル(/etc/php.ini)を編集する。

[text]
extension=openssl.so <- 追加
[/text]

apacheを再起動し、モジュールが追加されたかどうかを確認したら完了。

# apachectl graceful
# php -m
openssl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five − four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください