Vagrant上のVMにpostfixにてメール送付設定

作業メモ。

Postfixのインストール

インストールして起動設定を行う。

# yum install postfix
# systemctl enable postfix
# systemctl start postfix

その他必要なツールをインストール

# yum -y install install cyrus-sasl-md5 cyrus-sasl-plain

Postfixの設定

設定ファイルを編集する。

# vim /etc/postfix/main.cf

# 116行目
inet_interfaces = all
# 119行目
inet_protocols = ipv4
# 318行目以降
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_use_tls = yes 
smtp_sasl_auth_enable = yes 
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_tls_CApath = /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt

/etc/postfix/sasl_passwdにgmailのアドレスとパスワードを入力する。
尚、gmailで2段階認証を使用している場合は「アプリパスワード」で生成したパスワードを入力する。

[smtp.gmail.com]:587 example@gmail.com:パスワード

sasl_passwdファイルをdb化

# postmap sasl_passwd 
# systemctl restart postfix

テストメール送信

# mail メールアドレス
Subject: test
test
.
EOT

/var/log/maillogに下記のようにログが出力されていれば送信成功。

Aug  2 22:38:53 localhost postfix/smtp[5849]: 2D5DB615EBD8: to=<hoge@gmail.com>, relay=smtp.gmail.com[74.125.203.109]:587, delay=3.1, delays=0.01/0.01/1.3/1.7, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 OK 1501681134 t199sm46443516pgb.30 - gsmtp)

参考

vagrant postfix設定 ローカルからメール送信 (備忘録)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください