[Git]CentOS7にバージョン2.xのGitをインストールする

CentOS7にyumでインストール可能なGitはバージョンが1.xと古い。
iusリポジトリを使用することでバージョン2.xをインストールすることも可能だが、先日Gitの脆弱性の話が挙がっていたので脆弱性対応されたバージョンのGitはソースをビルドする方法になる。

結論

下記のコマンドで可能。

# 脆弱性対応済みのGitをインストールする
$ sudo yum -y remove git*
$ sudo yum -y install wget perl-CPAN gettext-devel perl-devel openssl-devel zlib-devel curl-devel expat-devel

$ export GIT_VER=2.22.4
$ wget https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/git-${GIT_VER}.tar.gz
$ tar xzvf git-${GIT_VER}.tar.gz
$ rm -rf git-${GIT_VER}.tar.gz
$ cd git-*
$ sudo make configure
$ sudo ./configure --prefix=/usr
$ sudo make all
$ sudo make install
$ git --version
git version 2.22.4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください