Timeline JSでヨーロッパの美術年表を作った。

先日、大塚国際美術館に行った時に改めて美術史を整理しようと思い作った。

[blogcard url=”https://yyuuiikk.org/european_art_history”][/blogcard]

年表作成にはTimeline JSを使用。

[blogcard url=”https://timeline.knightlab.com/”][/blogcard]

使い方

  • 公式ページから専用のスプレッドシートを取得
  • スプレッドシートで表示する項目を編集。
  • 年表を表示するためのiframeタグを取得し、サイトに埋め込む。

ということで特にJSの設定なしに年表を作成可能。
項目の追加や編集はスプレッドシートの編集だけなので、今後の更新も楽。

使って見た感想

美術史をまとめるの大変。以上。

今回は19世紀までで限界だった。今後も追加していこうと思う。(20世紀に入ってからは特に混沌としてくる。。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください